世界規模のウッドショック

現在、新型コロナウイルス感染拡大を発端に、世界規模で深刻な木材価格の高騰・供給不足【ウッドショック】に陥っております。

原因として米国や中国等で住宅需要が増大した点や、木材を運搬する為のコンテナが世界的に不足している点等が挙げられます。
また日本の木材自給率も約3割と低く、7割は海外からの輸入に頼っているということも原因の1つです。

昨年より度重なる緊急事態宣言、営業自粛などでコロナ禍による住宅需要は増えております。
弊社としましては、「コロナ禍で外出が制限されている今だからこそ、家の中では快適な暮らしをご提供したい」と考え、協力業者と一丸となって対策に乗り出しております。

現時点では、お客様にご迷惑をお掛けする状況ではございません。

しかしながら、今後短期間で下記のような状況が予測されます。

〇 部材納期遅延による工期遅延の可能性
〇 部材価格の変更の可能性
〇 部材価格変動による都度のお見積り

またさらに状況が悪化した場合には、建築をお待ちいただく場合や建築価格の大幅な値上がりの可能もございます。
近い将来マイホームをとお考えの方はお早めにご相談ください。